スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

慣れし故郷放たれて(えー)。

流謫の身となりまして(ちょっとー、どうでもいいけど「流謫」を「りゅうてき」と憶えていたわよー! ヤバイよソレは!! ……でも何かの話題でこの単語出た時みんなで「りゅうてき」と発音していた記憶があるんだよなあ……何でだ?)、家を出ることになりますた(嘘)。……いや、家を出るのは本当。しばらくはヨソの地で暮らし、時々家に戻ることになります。

なので。庭の雑記帳(=「拠火園雑録」)は無期限凍結、こちらの「水月館閑談室」はふと思い出したよーに更新されることになりました。ネタはいっぱいあるんだけどなー(涙)。「拠火園」は基本一日一記事を自分に課していて、レビュウメインなだけにPCが無いとちょっと無理(私は。携帯からの投稿で「まともな」文章書くのはムズカシイです。メエルとか、親しいひとに向けての他愛ない内容のモノならまだしも)。
家に帰った時に、細々とコチラは続けていこうかなあと。
「拠火園」、そうすると、そのまま残して今の段階で終わって、後は全てこちらで更新、になる、かもしれない。ちくしょー。結構長々と続けてきたから愛着あるのに。

そんな訳で、更新が無いのがフツウになっちゃうので、思い出した時にでも来て頂ければ嬉しいです。
posted by: 紫堂水玻 | 728号室 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

今月のちろる・ちょこ。23

ちろる・塩ばにら。小袋モノは出たら必ず買う! と決めている訳だが、新作、出てました。でも以前やや大きいサイズで販売されてた「塩バニラ」。最近は2袋買うのがデフォルトというか当たり前になってきたな。そんな食いたいのか。

夏に出したからなのか、ソフトクリィムをイメエジしたらしく、パッケエジにもそんな雰囲気が漂っております。青が爽やかだのう。夏チロルといい、夏場は暖色より寒色で攻めたいのかしら?

相変わらず、食べるとしょりっしょりしょりっしょりしてやがります。
「これ、ウマイかなあ。いや、マズくはないさ。でも、ウマイか? マズい訳では……。とか言いながらどんだけ食ってんだ」
ぶつぶつ言いながら食う食う。何か、ヘンにクセになる気がする。

あるから食ってるんだろ、とか、言っちゃダメ。
posted by: 紫堂水玻 | 茶寮 紅玉倶楽部 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

カレルで季節のおかいもの。3

カレル・グラスセット。しまった。何てぼけぼけの写メなのだ↓ 何かまったくミリョクが伝わらない画像ではないか。ちくしょー。携帯でチェックしても、どのくらい鮮明か(あるいは不鮮明か)よくわからない時があるのだが、……それにしたってこれは酷いだろ、自分。
もとい。
ホンモノというか、実物は大変可愛らしいシロモノ。グラス2個セット。てのひらにころんと収まるくらいの大きさで、正直容量はそれ程ない。でも、ゆっくりゆっくり少しずつお茶を楽しむのにはいいカンジなサイズ。
白にゃんこは「メリーさんのひつじ」、黒にゃんこは「赤ずきん」をイメージしたもの。ぐっはあぁぁぁぁ、可愛い! あまりに可愛すぎてまだ使ってない。ちうか、友人を招いた時に、と思っていたのだが、私の家は当分ひとを招く、なんてことは出来そうにない……↓ これはアレか、友人宅訪問時に持参すべきか(哀)。

カレル・ポスカ。そしていつも新作が出ると買ってしまうポスカ。む、これはこれでもう少し大きい画像で撮影するんだったか↓ ま、いっか(投げやり)。
上段左から2枚目まではマザー・グースをモティフにしたイラスト、上段右から2枚目までは熊のマーク・カール兄弟のイラスト(実はこのキャラ、キャラとしてだけなら結構前から存在していた。何故今季このよーに登場したのかよく解らない)。
下段は出されたばかりの絵本から。
しずかなしずかなみずうみやまだ うたこ 4477019165
やわらかな色合いがオトナカワイイ。

という訳で、今回のおかいものは以上。……以上って簡単に言うけど、……かかってるよなあ、……お金……↓↓↓
でも紅茶貧乏からはこれから先も抜け出せまいて(涙)。
posted by: 紫堂水玻 | 想庫:珊瑚の間 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

カレルで季節のおかいもの。2

カレル・季節の紅茶:ティバッグ。缶入りリーフ・ティに続いて、こちらはテトラ・パックのティ・バッグ4種。
以前はこんなには無かった。ティ・バッグは。時代の趨勢というヤツでしょうか。リーフより手軽なのは確かだけれど。でもって、最近リーフ・ティを楽しめるだけの余裕が物理的にも精神的にも無いのだけれど、それでもやっぱりポット+リーフがいいなあ、という形式的というか儀式的な側面も愛しいので何となく残念。ティ・バッグだって勿論美味しいけれどもね。

向かって左上「バナナ・トロピカル」、右上「アイス・ティ」、左下「スウィート・オレンヂ」、右下「ジンジャー・ティ」。

「バナナ」はここ数年定番。夏の限定。リーフのフレイヴァ・ティとして初めて自ら贖ったのがバナナ・ティだったので(それまで、フレイヴァといえばせいぜいアップル・ティくらいしか飲んだことがなく、自分でわざわざ買ってまで飲んだ初めてのフレイヴァ・ティはバナナなのだ)、個人的にはバナナの紅茶は思い入れめいたものがあるので「カレル」から出た時は嬉しかった。

「アイス・ティ」は夏に必ず出る。水出しおっけー。軽い、アッサリ・さらりとした紅茶をがぶがぶ飲みたい時にはとても重宝。

「スウィート…」もここ数年の夏の定番。割合仄かな香りなので、……ちょっと物足りない時もある。私は。どぎつくないので万人受けするとは思うけれど。アイスにしてもウマー。

「ジンジャー」は今年初めて。秋に向けて、身体が暖まる生姜のフレイヴァ。まだ試してない。以前インドネシアのインスタントのジンジャー・ティを飲んだことがあるのだけれど(現地では一般的だと、それをくれた留学生の方は言っていた)、とにかく甘くてでもぴりりと生姜利きまくりだったのを憶えている。ちょっと飲むのが楽しみ。

何と2シーズン分とは言え、リーフとティ・バッグ合わせて8種も一気に購入してしまった。……いや毎度こんなんだけども。何時飲むの私〜♪
posted by: 紫堂水玻 | 茶寮 紅玉倶楽部 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

カレルで季節のおかいもの。1

カレル・季節の紅茶:缶。某ネットのショップにお願いして取り置きして頂いた「カレルチャペック」の商品の一部。缶入りリーフ・ティver.4点。全て季節の限定フレイヴァ。

やっぱり、小さい缶の紙巻きで十分だったなー。

缶のイラストがカワイイのもあってついつい買ってしまう訳だけれど、捨てることも無論出来ないので溜まる一方。かといって、全種並べて置く程のスペエスもないので、ナカミを取り出して缶はすぐに格納。あまりにあり過ぎて紅茶の消費量も減ってるから尚更減らない紅茶・紅茶・紅茶……。増えてゆく缶・缶・缶。

春と夏のフレイヴァ。向かって左上が「イングシッリュ・ガーデン・ティ」、右上「アールグレイ・マンダリン」、左下「ハニィ・ティ」、右下「グリーン・ウォーター」。
「イングリッシュ…」は以前「ワンダー・ティ」という名前で出ていた、薔薇と林檎のフレイヴァ、だったような気がする。「ワンダー・ティ」のが色々な含みを感じさせて好きだった。春、母の日の贈り物として、というりこめんど付。
「アールグレイ・マンダリン」、元々定番フレイヴァ・ティとして「アールグレイ」そのものはあったけれど、これは「マンダリン」の名の示す通りオレンヂが利かせてある(ハズ)。夏限定。
「ハニィ・ティ」は最初某通販会社とのコラボから生まれた……と思う。それまでショップでは見なかった。蜂蜜の風味が濃厚でミルク・ティにして飲むのが好き。はちのキャラクタア・バジーのグッズ等誕生記念にわざわざ限定缶として発売したもの。
「グリーン・ウォーター」はかつてまだカレルが常時何種類もオリジナルのブレンドを扱っていた頃の復刻版。洋梨とミントのフレイヴァ(確か。ああもう全部「ハズ」とか「確か」とか記憶オボロゲだな!)。独特の風味があって、アイス・ティなんかもイケる。

前のラインナップのが好きだった。何で無くなっちゃったんだろう。やはり売れなかったというか、売れ行きが芳しくなかった、ので無くしてしまったんだろうか。サビシイなー。
posted by: 紫堂水玻 | 茶寮 紅玉倶楽部 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

ぷれぜんとがやってきた。

チョークバッグ。友人が光の速さで誕生日のプレゼントを贈ってくれますた。び、吃驚した。

「今年はドンピシャで間に合った! ……ハズ!!」

「ハズ!!」で笑いなんて取りに来ないで(笑)。

はい、ちゃんと届きましたです。わざわざありがとうVv 私がさんざっぱら買おうかどうしようか迷ってたモノを! チョーク・バッグ、欲しかったのだ。で、どうしようかと思ってたら友人が! ありがとう!!

「いつものところで注文したので、色が選べないトコロだけが難点だけど、喜んでもらえるといいなあ」

いつものところ、とはアレでソコだ。「へりしも」というヤツだ。どの色でも嬉しいですよ。大事にします。というか、まだちょっと寝かせちゃうかもしれない。勿体ない。……などと言いつつ使ってしまいそうな気もするけど(どっちなんだよ)。
コットン素材でやわらかい手触りが可愛い。汚さないように気を付けなくては! 私はひとりはしゃぐ。子供かお前は。

おまけに。というか、おまけ、に更に吃驚した。図書カアドも一緒に入ってたんだもの!

「文庫何冊か買える程度だけど、良かったら使ってね♪」

しばし固まる私。………………こっちのがもしやメインなのでは!? ……そうかも……↓ 何か色々を気を遣わせてしまったような罪悪感めいたものが〜〜(涙)。

○○ちゃん、ホントのホントにありがとうございました。記事UPの了承をもらっておきながら遅くなっちゃって申し訳ないです。

図書カアドはありがたく使わせて頂いてます。ほかにも色々嬉しかったです(号泣)。チョーク・バッグ(……これはちょーくはしてないけどね、正確には)、大切にしますです。
posted by: 紫堂水玻 | じゅえる・ぼっくす | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

お前を祝ってやろうか。

Birthday Cake。お前=私ですが何か(何故いきなり逆ギレか)。

はあ。まあ。ええ。食っちゃったんですね。いや、ケエキの前にトシな。

「誕生日前後1週間の内に来たら、色々とサアヴィスしてやんよ」というはがきを、行きつけ(?)のカラオケBOXからもらったので、無理矢理友人を誘い出して(ちなみにおびき出すための餌はまさにケエキであった)、カラオケに付き合ってもらってバカ騒ぎ(?)して参りました。
で。画像は、そのカラオケBOXがサアヴィスで出してくれたケエキ。とってもはんどめいど。素朴通り越して小学生の姪が頑張ってつくりました的クオリティなのが何か嬉しいです(笑)。
ちゃんとフレエム付で撮影した(はっはっは)。夏らしく貝殻で彩ってみたわよ(何かもうヤケ)。蝋燭真ん中に1本てのが効いてる(大笑)。陰膳ですか。私涙目。でもそれは嬉しいからよ、多分。
味は、あの、うん、食べられます。ものっそい美味! という程ではないけれど、小学生の姪がつくってくれたくらいには美味。……私でもつくれると思う、コレは。ハイ誰ですかー、誰でもつくれるやんけヴォケが! とか言ってるヤツはー。後で体育館裏来い。

カラオケは、古い付き合いの友人故に何でもアリで歌えるのが嬉しいVv 谷山浩子歌っても、アニソン歌っても、80年代の歌歌っても、何でもアリなのよ。許されるのよ。素敵やん? もうその気なら「ラバウル小唄」「同期の桜」「上海帰りのリル」だって歌ってもいいのよ?(すまん、一部なら歌えるんだ)

久々にぶっ通しで数時間歌い倒して楽しかった♪ 大きい声出すとスッキリするなあ。

楽しい一日をありがとうございました。>友人

でもって、わざわざプレゼントをくれた○○ちゃん、ありがとう! 嬉し過ぎて鼻血出そうです。明日の記事にUPする許可もありがとう! 書くぞーVv
posted by: 紫堂水玻 | 814号室 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

みんなで回れ。

DAKARA・ピグリンパケ:4。とうとう揃えてしまいますた。

やっぱりなー。やると思ってたよなー。ひとつだけ揃わない、とか、結局キモチ悪くてきっちり揃えてしまう。折角あとひとつなら、とか言ってせっせと探して見つけて買って来ちゃって。バカだな↓ 持ってても何に役立つ訳ではないものを、またもこうして手元に揃えてしまうこの莫迦さ加減。一生治らないよ、莫迦は。

残りひとつ、見つけましたよ。

03 Pirouette(ピルエット)

バレエまんがでよく見たシーン、よく聞いた(?)ポオジング(というか技?)。印象深いのは32回転(@星合操「ユニコーンの恋人」。懐かしいー! つい最近になってから、とてもとても有名なバレエまんがのトレス疑惑が提示され、読者有志によって検証されほぼ黒であるとされていてショック……)だわ。
もう32回転なんて回数限定せず、マグネット(入り「DAKARA」)さえ側にあれば永遠に回り続けてくれるピグリンくんですよ。

DAKARA・ピグリン:4。4回に分けて手に入れたピグリンのミニ・フィギュアもこれにて完結。何処かにちょこんと置いてきるきる回るのを眺めてみたいものです。

でも、……6体全部並べてみようとは思わないな。だって気味が悪いじゃないか。着衣のぶたさんが6人(?)、ぎるぎるぎるぎる回り続けるって。妙に佇まいがエレガントなのも如何なものか(笑)。

ポター女史に何ら関係ない「DAKARA」に何故おまけとしてつくことになったのか、とか、様々な謎を残したままコレクション終了。パッケエジもややダサ可愛めで好きだったV(褒めてるのかそれは)。
ソフトドリンクのおまけも、やっぱり目が離せないのでありました。ふー。
posted by: 紫堂水玻 | 想庫:水晶の間 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

今月のちょこちょこてぬぐい。16

ちょこ手拭い。15「ちぇ。また地が白かぁ」。見て真っ先に思ったことはソレだった。どうせなら地がぴんく、とかが良かったのに。

そんなこんなの16枚目。……すっかり憶え間違っていて、15枚目なんて画像タイトル付けて保存しちゃってやんの。あーあ。ブログにまで記録してるクセに間違えるって、もうどんだけ……↓

もとい。柄はうさぎにクローヴァ、となかなかガーリィ。それは嬉しかったんだけれど、地が白は何となく見飽きやすい、私個人にとって。違うか。つい勝手に落胆しちゃってるだけ、かもしれない。色つきのを期待しちゃってるからなあ。
ガーリィな柄、なのは嬉しかったけど。でもだからこそぴんくを地色にしてくりょー(涙)。イロモノ……違うよ、色ものが欲しいんだよー。

ちょこ手拭いパケ。15期待していたトースト柄は次回だろうか。それとも来ないまま終わるのか。あと何枚買うかのう。手拭いだのハンカチだのとやたらめったら枚数だけは持ってるな(手拭いはさておき、ハンカチの類はガンガン使ってる)。

こうしてパッケエジに入れっぱにしたままズラリ並べて眺めるだけでもなかなか可愛くてほくほくものではあるものの、やはりいずれは買うのを終了せねばならん(溜まる一方だし)。

なのでまずはトースト柄を下さい、べるめぞんさん(それが言いたかったのか!)。
posted by: 紫堂水玻 | 抽斗の中 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

今月のおもいでポケット。10

OP10:おやすみアクアミュージアム。なんということでせう。

あれほど「寒色系が続いてるから暖色系がいいなあ」と言っていたアタクシに、またしても寒色系が届いてしまったのです。

狙ってんのか、べるめぞーん! イヤガラセか、イヤガラセなんだなっ!?(落ち着け)

……ま、頒布会式なんてこんなもんだけどさあ(諦)。

そんなこんなで10冊目。またしても寒色系。モティフは「夜の水族館」、てのは嬉しいけど。雰囲気は好き。
おまけはいつものシール1シート、更にシールが。可愛いっす。でもやっぱり基本赤とかピンクとか黄色とかオレンヂとか、そんなんがよかったっす。ちっ。

さて、残るは2冊。頼むよー、今まであまり見てない色味のを届けてくれよー(涙)。思い通りにはいかないとはいえつい祈ってしまうではないの。ちくそう。
posted by: 紫堂水玻 | 抽斗の中 | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) |